消費者金融でお金を借りられる上限

ネット・スマホから24時間申し込みができる安心なところです。

有名な消費者金融の申込一覧案内の画像
中堅消費者金融の申込一覧案内の画像
主婦に人気のクレカの申込一覧案内の画像

主婦(個人)が金融会社からお金を借りれる金額とは?総量規制について

申込している画像

 

< 総量規制とは >

 

貸金業者が主婦などの個人向けの貸付けにあたって、年収等の3分の1を超える貸付けが原則禁止となりました。
(一部除外、例外となる借入もあります。)

 

 

消費者金融のフリーローンやキャッシングは個人向けの貸付けになるので、主婦が消費者金融を利用するときは総量規制の対象となります。

 

また、クレジットカードのキャッシングも対象となります。

 

条件 年収等とは?

  • 主婦など個人の年間の所得
  • 定期的な収入(給与や賞与など)の金額を合わせた総額

 

 

 

条件 複数の金融会社から借入があるときには?

 

それぞれの金融会社でお金を借りている総額が、
年収などの3分の1を超えていないか審査をされます。

 

例 :

 

年収が300万円ある主婦に
消費者金融(クレジット会社)が貸付けできる金額

 

総量規制では3/1の上限なので

 

↓   ↓
100万円までお金を借りれる

 

複数の貸金業者からお金を借りているときでも
総額100万円が上限となります。

 

 

年収などの3分の1以上の借入がある主婦に対して、
原則として貸金業者は新たに貸付けを行いません。

 

 

借入の総額が年収などの3分の1以下になるまで
貸金業者からお金を借りることはできません。

 

 

無職の専業主婦でもお金を借りることが可能な
配偶者貸付について説明しています。

 

条件

 

 

 

案内画像

 

 

金融会社の貸付の種類と総量規制の除外・例外について

条件 お金の貸付けの契約の種類

  • 個人向け貸付け
  • 個人向け保証
  • 法人向け貸付け
  • 法人向け保証

 

このようにお金の貸付には種類がありますが、
総量規制の対象となるものは、個人向け貸付けとなります。

 

個人向け貸付けとは、個人がお金を借りることです。

条件

 

法人向けの貸付けや保証、個人向け保証の契約は
総量規制の対象となりません。

 

 

しかし、個人がお金を借りるときでも
事業用資金として個人が借入れする場合は
総量規制の対象にはなりません。

 

 

 

条件 総量規制の対象とならない除外の借入

 

  • 不動産を購入するための借入
  • 自動車を購入するときの自動車担保の借入など

 

個人の同じ借入だとしても、総量規制の対象となりません。

 

 

条件 総量規制の対象とならない例外の借入

 

例外として借入が年収の3分の1を超えていても
現在の借入に対して返済の能力があると判断されれば借入可能です。

 

 

 

年収300万円の人が100万円お金を借りている…

 

↓    ↓    ↓
総量規制では3分の1の貸付なので、
これ以上借入することができません!

 

 

 

< 例外 >
医療費などでお金が緊急に必要なとき
30万円借りたいなどの申し出があったときなどに例外として
借入できる場合があります。

 

 

案内画像

有名な消費者金融の申込一覧案内の画像 中堅消費者金融の申込一覧案内の画像 主婦に人気のクレカの申込一覧案内の画像