無職の専業主婦のキャッシング条件

ネット・スマホから24時間申し込みができる安心なところです。

有名な消費者金融の申込一覧案内の画像
中堅消費者金融の申込一覧案内の画像
主婦に人気のクレカの申込一覧案内の画像

無職の専業主婦がお金を借りれることが可能な配偶者貸付について

申込している画像

総量規制は、個人に向けての貸金業者の貸付を対象としているので、消費者金融でお金を借りるときは対象となります。

 

 

主婦などの個人がお金を借りるとき、年収などの3分の1を超える借入が総量規制では禁止となりました。

 

お金を借りるには
収入が毎月あることが必要です。

 

主婦でもパート、アルバイト、派遣社員として働いており、毎月安定した収入があることが条件となります。

 

 

パート・アルバイトなどの主婦の収入は少ないです。

 

ですから、消費者金融などの個人を対象とした貸付では
主婦がキャッシングやローンで借りれる金額は少額となります。

 

 

また、無職で収入なしの専業主婦が
金融会社からお金を借りることはまず無理でしょう。

 

 

しかし例外があります!

 

結婚をしている人を対象とした貸し付けです。

 

 やじるし   やじるし   やじるし
「配偶者貸付」です!

 

パート、アルバイトなど収入の少ない主婦が
3分の1以上のお金を借りることができます!

 

無職の専業主婦が借入したりすることが可能です!

 

 

 配偶者貸付ではいくらお金を借りれる?
  • 配偶者と自分の年収を合わせた総額から3分の1の借入
  • 無職の専業主婦でも配偶者の年収から3分の1の借入

 

配偶者貸付けでは

 

条件

配偶者の同意
夫婦であることを証明できる住民票

 

などの書類が必要です。

 

 

< 配偶者貸付の例 >

 

【年収】  夫:250万円(夫)+ 50万円(妻)

 

【総額】  300万円

 

総量規制は1/3なので上限100万円までお金を借りれるのです。

 

 

 

夫がすでに100万円借入しているときは、
妻は貸金業者からお金を借りることができません。

 

 

条件

有名な消費者金融の申込一覧案内の画像 中堅消費者金融の申込一覧案内の画像 主婦に人気のクレカの申込一覧案内の画像