お金を借りる方法の違いとカードローンの種類

ネット・スマホから24時間申し込みができる安心なところです。

有名な消費者金融の申込一覧案内の画像
中堅消費者金融の申込一覧案内の画像
主婦に人気のクレカの申込一覧案内の画像

消費者金融・銀行・信販会社のカードローンの違いとは!?

先輩ママの画像

消費者金融のカードローンの特徴

 

消費者金融のカードローンと聞くとよいイメージがないですが、銀行のカードローンと変わらず安全に借りることができます。

 

消費者金融のカードローンの特徴は、担保なし・保証人なしでお金を借りることができます。

 

また、アルバイト・パートの方でも、毎月安定した収入を得ている人は、消費者金融に申し込みできるので利用しやすいです。

 

それに、お金がすぐに必要なとき即日融資ができることも、消費者金融の大きなメリットです。

 

貸金業法が改正されたことで、消費者金融の金利の引き下げがありました。

 

このため、銀行のカードローンと同じく借りやすいところとなりました。

 

しかし消費者金融の金利計算は、お金を借りている日数に対して計算されるので、返済が長期になる場合にはむきません。

 

 

銀行のカードローンの特徴

 

一般的な銀行のローンでは、担保が必要となったり保証人が必要となります。

 

金利は安いけれど審査が厳しく、融資までに時間がかかることが多いです。

 

カードローンなどのように個人的に融資を行うものは、消費者金融とさほど金利の設定は変わりません。

 

このようなカードローンは消費者金融と同じように、借りている日数に対して利息がかかるので、長期にわたる借入にはむきません。

 

 

 

消費者金融のカードローンは総量規制の対象となります!

総量規制について説明する女性

消費者金融などの個人的に融資を行うところでは、お金を借りられる金額に上限があります。

 

これを総量規制といい、年収の1/3までしか借入ができません。

 

この総量規制の対象となるのは、消費者金融とクレジットカードのキャッシングです。

 

この取決めにより、多重債務者や債務整理をする人を少しでも減少させることを目的としています。

 

 

 

信販・流通系会社のカードローンの特徴

 

クレジット会社では、主に買い物をした後に分割払いで返済をするという方法がとられる、百貨店やスーパーなどのお店が発行する、クレジットカードというものがあります。

 

このようにクレジットカードには、買い物ができる上限金額が設定されており、これをショッピング枠といいます。

 

このクレジットカードには、現金を借りられる機能が付いているので、その機能を使えばお金を借りることができます。

 

カードローンが初めての人は、利用しやすいということもありますが、金利はやはり高めなので長期の借入にはむきません。

 

クレジットカードに付いているカードローン(現金化)は、消費者金融と同じく総量規制の対象となるので、上限は年収の1/3までとなります。

有名な消費者金融の申込一覧案内の画像 中堅消費者金融の申込一覧案内の画像 主婦に人気のクレカの申込一覧案内の画像