消費者金融と銀行のカードローンの違いとは

ネット・スマホから24時間申し込みができる安心なところです。

有名な消費者金融の申込一覧案内の画像
中堅消費者金融の申込一覧案内の画像
主婦に人気のクレカの申込一覧案内の画像

消費者金融と銀行のカードローンは何が違うの!?

マタニティショーツ

 

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングの特徴は、
申込方法が多様で審査が早く即日融資ができる所です。

 

銀行のカードローン、消費者金融のキャッシング、
まったく違うような感じがありますが、

 

どちらも目的がなくてもお金を借りることができます。

 

 

銀行などの一般的なローンは、
「車を買う」「家を建てる」といった目的が必要ですが

 

このようなカードローンなどは、銀行でも
お金の使い道が決められていないローンなのです。

 

 

金融会社によって、カードローンやキャッシングなどと
呼び名には違うけど、同じようなお金を借りる方法です。

 

 

カードローンやキャッシングは私達にとって便利なものですが、
銀行と消費者金融では少し違いがあるので説明しておきますね。

 

 

銀行と消費者金融は何が違うの!?

主婦,専業主婦,消費者金融,中堅消費者金融,お金,借りれる,ところ

 

わたしたちにお金を融資する貸金業者は、
お金の貸し借りが法律で定められています。

 

この法律を貸金業法と呼びます。

 

 

銀行や信用金庫、信用組合などは、
私達や企業から預金を集めてお金を融資しています。

 

ですが、消費者金融や信販会社などのノンバンクでは、
このような預金業務を行わずに融資を行います。

 

 

貸金業法は、消費者金融などの
預金業務を行わない金融会社が対象となります。

 

 

貸金業法に定められている総量規制では、
お金の借りすぎや貸し過ぎを防ぐために

 

年収の1/3までの借入しかできなくなりました。

 

 

消費者金融や信販会社、
クレジットカードのキャッシングなどは、

 

この総量規制の対象となります。

 

 

消費者金融のカードローンには、
このように借入限度額が制限されています。

 

 

銀行は総量規制の対象になりませんが、
個人が借入できるカードローンなどの融資は、

 

少額なことが多いでしょう。

 

 

また、以前は銀行の方が金利が安いといわれていましたが、
貸金業法が改正されたことで

 

消費者金融も安い金利でお金を借りられるようになりました。

有名な消費者金融の申込一覧案内の画像 中堅消費者金融の申込一覧案内の画像 主婦に人気のクレカの申込一覧案内の画像